Japonština

Z Necyklopedie

Přejít na: navigace, hledání

Japonština (V jazyce: 日本語 - Nihongo)とは、日本において日本人が話す言語。大きく分けて、第二次世界大戦以前に使用されていた古代日本語と、現在使用されている現代日本語が存在する。

[editovat] 概要

日本で使用される言語はほぼ100%「日本語」である。しかし、アイヌと呼ばれる先住民族が使用する「アイヌ語」や、主に沖縄県で使用される「沖縄方言」など、違う言語体系由来の言語も存在している。

また、1910年に行われた日韓併合の結果、多くの朝鮮人移住者が日本に移り住んだ結果、彼らの子孫は朝鮮語の教育も行われているなど、日本語以外の言語にも寛容な一面がある。

[editovat] 古代日本語

古代日本語とは、正しくは和文(やまとぶみ)と言ふ也。大日本帝国に於ひて、中世より使われし、眞なる日本語である。去れど、中華人民共和国による文化侵略政策と、アメリカ合衆国による植民地政策に因つて、嘆かわしき事に現在では既に絶滅して、となつてゐる。

[editovat] 現代日本語

中国と、アメリカ日本強姦し、植民地化した挙句に生まれた言語現代日本語である。名前だけは「日本語」であるが、実際には中国語英語混ざった言語であり、もはや日本語ではない。法律政治教育分野では中国語の、科学技術および文化の分野では英語による侵略が著しい。

日本公用語を定めていないが、この言語が事実上の公用語として使われている。また、Engrishという英語もどきの使用も盛んである。

[editovat] 方言

日本使用される言語は、細かく見ると200種類以上(?)もあると言われている。京都に近い地域ほど、上品言語が話される。京言葉こそが最も正統なる日本語であるため、標準語共通語にするならこちらを推奨したい。 しかし、京都にもっとも近い大阪に近づいてしまうと返って、下品な言葉朝鮮語が聴けてしまうから、なかなかどうして世の中けったいだ。

[editovat] 未翻訳部分について

なお、この文章は、日本語版アンサイクロペディアにある記事「日本語」の文章とほとんど同じである。しかし、チェコ語版アンサイクロペディアへの翻訳に際して日本となるような文章削除している。

[editovat] 日本でよく知られているチェコ人

フランツ・カフカ
チェコを代表する国民的作家として、日本語でも多くの作品が翻訳されている。特に、代表作である変身は多くの愛読者をひきつけた。
アントニン・ドヴォルザーク
チェコの世界的作曲家ドヴォルザークの名は日本でも良く知られており、特に彼の代表作である交響曲第9番ホ短調作品95『新世界より』は、日本でも多くのファンを獲得している。
ベドルジハ・スメタナ
チェコの国民的作曲家として知られるスメタナの楽曲は日本でも有名であり、特に交響詩わが祖国の一曲、モルダウは多くの日本人を魅了している。
カレル・チャペック
ロボットという言葉が全世界に及ぼした影響は計り知れない。
フェルディナント・ポルシェ
ポルシェ社を創業したフェルディナント・ポルシェについて、多くの日本人がアメリカ出身であると誤解している。しかし、スポーツカーを愛する人々は、彼の出身がチェコであることを知っている。
グレゴール・ヨハン・メンデル
遺伝学の祖であるメンデルは、日本でも有名であり、えんどう豆とともになおかつ多くの高校生を困らせる存在である。
アレクサンドル・ドゥプチェク
もちろん、彼がスロバキア人であることは重々承知している。しかし、残念ながらヴァーツラフ・ハヴェルよりも彼のほうが有名であることは事実である。併せて、プラハの春は、多くの日本人も知っている世界史の事件である。
エミール・ザトペック
不世出の長距離ランナーとして日本でも特に知られたランナーである。また、二千語宣言へ署名したことは日本でも知られている。

富夫岡村

[editovat] 博士Chocholoušek謝罪

私たちの研究所は誠実に私の口は、10年以上3回発生し、この不幸な監督のために謝罪します。

[editovat] 関連項目

uncyclopedia